蹴球七日


キム・ミヌ 感動の退団セレモニーに豊田も思わず肩を震わし涙

 - 感動

   

7年にもわたり背番号10を背負い鳥栖を牽引してきたキム・ミヌが、兵役により今シーズン限りで退団。

ホーム最終戦でのセレモニーにて、サポーターのみならず彼に携わった全ての人間に対する感謝の手紙が感動的すぎると話題になっています。

日本語で書かれた手紙に、本人自身は下手というが何一つ違和感のない日本語。
その随所随所に、友人やサポーター、そして鳥栖や日本への愛を感じる感動の8分間の内容でした。

これにはチームメイトの豊田も肩を震わして男泣き(6:12あたり)。

また、いつの日か割れんばかりの歓声とともにサガン鳥栖のユニフォームを着てベアスタ(ベストアメニティスタジアムの略)のピッチに帰ってくる日を待ち望むばかりである。


この記事の選手
この記事のチーム



  この記事も良く読まれています