蹴球七日


W杯最終予選第2戦 タイ戦の主審が・・・

 - おもしろ・失敗 ,

      2016/09/06

W杯最終予選の初戦に敗戦したハリルジャパンは6日にアウエーでタイと対戦する。

ハリルジャパンはもう負けはおろか、引き分けすらも喫してはいけない状況でさらに完全アウエーの中で戦わなければならず、さらに追い打ちをかけるかのように公正なジャッジをするレフリーまでも相手にしないといけないかもしれない。

初戦は日本代表の力を出すこともできずにさらに裁いたアル・ジャシーム・アブドゥルラフマ主審の不可解なジャッジが話題となった。

さらに次のタイ戦で笛を吹くのが確実とされているのが、イランのモフセン・トーキー主審。
過去に日本代表の試合で大きな騒動を引き起こしたことがある。
トーキー主審が日本代表戦で笛を吹いたのは、2011年アジアカップ・グループステージ第2節のシリア戦。
川島のクリアミスを今野と競り合ったシリアの選手が前方に送ったボールに対し、川島とシリア代表FWが交錯し転倒した場面。
このとき副審はオフサイドの旗を上げたが、トーキー主審は今野のバックパスと判断してオフサイドを取らず、川島にレッドカードを提示した上でシリアにPKを与えた。

嫌なムードにはなりそうですが、幾度のピンチをくぐり抜けてきた日本代表。
どんなジャッジをされてもそれ以上の実力で、完勝すればいいんです。
W杯予選は簡単ではないということを再確認し、改めて必死になって国の代表として頑張っていただきたい。


この記事の選手
この記事の代表チーム



  この記事も良く読まれています