蹴球七日


【電通に通ずるメディアは報じない】W杯6大会連続出場に黄信号

 - おもしろ・失敗

   

ご存じのとおり、W杯アジア最終予選にて日本代表がUAE代表に敗戦した。

なにが「絶対に負けられない戦いがそこにはある」か。

勝てば格下相手だろうと連夜お祭りの様にはやし立てる。
それに対しては、ライト層のファンを煽る意味では意義はあるとは思う。
それが、今回のように負けると当日軽く誤審部分のみ報じ、選手・監督の批判などなくサッカー識者(?)と言われるタレントが根拠なく

「大丈夫!いけますよね!?ね!」

と臭い物には蓋をする。
これでは「テレビの時代は終わった」と言われて当然。

WEBではSOCCER KING様ではセルジオ氏をコラムニストに呼びご意見番として、協会や電通には耳の痛い正論を掲載されている。当ブログでは到底およばないブロガー様方も独自の持論で敗戦の原因を紹介されている。
これが報道であり、サッカーを真に応援するという事ではないでしょうか?

・香川が、相手へ脅威を一度も与えていなかった。
・その香川をなぜ90分引っ込めなかったのか?
・宇佐美の持ち味をだせる状態を作れていたか?
・ペナ前からの攻撃の急激なスロー化(得点までのバリエーションの無さ)

これくらいの事、サッカーを見た誰でも分かる内容。
こんなことも、マスメディアは報じない。

先のW杯での、反省を活かせていない。。
いや、「サッカー日本代表を応援しています」と言いながら食い物として食いつぶすだけの糞な電通やマスメディアは反省さえしていないのだろう。
自称「日本のサッカーを強くするためにサッカーを考える番組」FOOT×BRAINではメインMCは能天気に対戦国がいかに各上かを報じず「コロンビアには引き分けて予選は通る」と無責任に述べ、朝のニュース番組では知識も無いタレント気取りのアナウンサーが勝利を予想する。
それをご覧になった、ライト層のファンは「予選は通るんだ」と認識し、敗退した日本代表に失望する。

私の先輩の奥さんが実際
「フットブレインで勝村さん予選は通るって言うてはったのに、何なん日本代表?」
とおっしゃってたようだ。
その責任はメディアにあると思う。
サッカーをよく知らず日本人として日本代表を応援している先輩の奥さんの様な人たちには
「厳しい戦いだが、希望は無いわけではない!国民全員で応援しましょう」
と伝えてあげる責任があるのではないでしょうか?

私自身、サッカー選手には多大なリスペクトを抱いていますし「人間 対 人間」としては批判など到底出来る由もありませんが「サポーター 対 選手」としてはまた別。
報道の人たちも、選手たちと面識があり言いにくい部分があるのかも知れませんが「報道 対 選手」としてしっかりプロ意識を持って仕事をして頂きたい。

スポンサー様はサッカーでお金を稼いでいただくのは大いに結構。
ただし、サッカーを食い物にするのではなくサッカーを強くする事でお金を稼いでいただきたい。

協会は電通・スポンサーの犬にはならず弱小国とではなく各上との試合を積極的に取りに行っていただきたい。

糞の様な番組、電通、スポンサーと違い私は心から言います
頑張れサッカー日本代表


この記事の代表チーム



  この記事も良く読まれています